Color and Comfort

企業情報

トップメッセージ

私たちは、DICグループの経営ビジョンであるColor&Comfort by Chemistryに基づき印刷インキとその関連製品群を通じて社会と生活者に彩りと快適を提案してまいります。代表取締役 社長執行役員 谷上浩司

私たちは色彩を通じて社会へ貢献するとともに、お客様に満足して頂ける製品、サービスを提供し続けます。
明治41年に創業した精神「進取」「誠実」「勤勉」は、DICグループの変わらぬ魂として持ち続けて参ります。
印刷インキからスタートしたDICは、顔料、樹脂を加えて、その後も次々と事業を拡大して参りました。
又、活動範囲を全世界に広げ、先進国から発展途上国まで様々な文化とニーズを経験しております。
創業精神を基本として、これらの経営資源と経験をお客様と共有し、お客様のパートナーとして一緒に事業の荒波を乗り越えていく所存です。
今後もDICグラフィックス社にご期待いただき、ご指導賜りますことを何卒宜しくお願い申し上げます。

谷上の My color

DIC-N792(色の由来:鶏卵の黄味のような赤みの黄色をいう。飼料によって卵の黄味の色は違ってくるが、大体赤みの黄色である。)

卵色 たまごいろ DIC-N792
取締役会長 川村 喜久

DICグループは、100年を超える歴史を持ち、世界最大のインキ会社として、環境、安全安心、省資源など、常に時流に先んじ、地球規模で社会課題の解決に取り組んでおります。

世界競争は熾烈を極めており、これを勝ち抜いていくためには、不断の革新的な製品や生産技術の開発が不可欠です。

DICグループの日本国内インキ事業を担う当社は、その世界的事業規模を背景とし、国外グループ会社と連携を密にし、全グループ一丸となって、日本のお客様の革新的な価値創造のために、日夜、汗を掻き、知恵を絞っていく所存ですので、今後とも宜しくご指導ご支援のほどお願い申し上げます。

My color 川村の My color

DIC-N707(色の由来:ピンク系統と言われるように、ピンクの名は色の系統別範囲をいう一般的色名になっているが、この語源は、ナデシコ科の石竹の花の色からきている。フランス色名ではピンクのことをローズ(rose)という。)

石竹色 せきちくいろDIC-N707
取締役 見鏡 真弘

当社は、DICグループの印刷インキ事業を担っています。印刷インキ事業は、創業時より続く、DICグループのコア事業で、世界のトップシェアを誇り、常に市場をリードしています。
私たちは、お客様との「対話」を大切にし、速やかな課題の解決に努めると共に、社会のニーズの変化を的確に捉え、新たな「ソリューション」の提案を続け、「社会の発展に貢献」していきます。お客様にとって、常に「うれC・たのC・DIC」であり続けることを目指して、企業活動に取り組んでいきます。

取締役 見鏡 真弘

見鏡の My color

DIC-N888(色の由来:紺碧の空などといい鮮やかな青を形容した言葉である。碧(へき)は碧石の青緑色からきている。この場合の紺はむしろ語感を強めるのにそえられたのであって、鮮明な緑みの青を言ったものである。)

紺碧 こんぺき DIC-N888
常務執行役員 リキッドカラー事業部長 波多野 裕史

リキッドカラーという名前は、「なじみ」のない言葉ですが、正直造語です。文字通り液体状のインキや接着剤などを扱っている事業部です。最近は、この言葉もいろいろな場面で使われるようになりました。私たちの製品は、食品・医療・詰め替え・サニタリーなどの包材に使われています。また、建材や新幹線の部材に使われる素材も扱っています。幅広い分野に様々な提案や組み合わせをアドバイス出来るのが、私たちの誇りです。これからも身近なところにDICグラフィックス、宜しくお願いします。

務執行役員 リキッドカラー事業部長 波多野 裕史

波多野の My color

DIC-N715(色の由来:ばらの花の色からきた色名。ばらの花にもいろいろあるが、明るい赤から濃いピンクが多い。英名にもローズレッド、ローズピンクの名がある。時代感覚をいうのに色名で言うことがあるが、ばら色の時代は幸福を意味する。)

薔薇色 ばらいろ DIC-N715
常務執行役員 新聞インキ事業部長 平本 敬三

活字文化の衰退で、新聞業界も厳しい環境下にありますが、知識や情報を体系的にまとめた一覧性を持つ情報媒体は唯一新聞だけと、私たちは確信しています。社会生活の必需品である新聞作りに不可欠な資材であるカラーインキや版材を高品質で安定的に供給することは、社会的にも大きな意義あることです。「3NEW」の技術開発(新素材・新製品・新市場)と真・善・美をモットーにお客様と共に、新たな新聞の可能性を信じて、「うれC・たのC・DIC」の仲間として、不断の努力をしてまいります。

常務執行役員 新聞インキ事業部長 平本 敬三

平本の My color

DIC-N926(色の由来:紫草は昔各地で自生または栽培されていたが、武蔵野にも産した。江戸紫はその紫草の根で染めたところからこの名がある。)

江戸紫 えどむらさき DIC-N926
常務執行役員 インキ機材事業部長 伏見 浩一

デジタル化の拡大や嗜好の変化により、オフセット印刷の環境は、年々厳しい状況が続いております。しかし印刷物は、ディスプレイでは表現できない色、そして人の感性に強く訴求できる色を実現することが出来ます。当社は、このようなお客様の要望に応えるべく、高品質かつ高性能なオフセットインキを安定的に供給していきます。そのためには常にお客様の声に耳を傾け、マーケットニーズを的確に捉え、それを製品開発に取り入れていく努力をしていきたいと思います。

常務執行役員 インキ機材事業部長 伏見 浩一

伏見の My color

DIC-N893(色の由来:群青と同じく藍銅鉱から採る鉱物顔料につけられた色名で、それにより一般に濃い青色を言うようになった。豪華な感じのする青で、西欧王朝のシンボルカラーにロイヤルブルー(royal blue)の名がある。)

紺青 こんじょう DIC-N893
執行役員 生産本部長 大家 敏昭

お客様の目線で製品を考える事、言わば市場の要求する品質、価格を追求し、喜んで安心して使用頂ける製品を提供する事が重要であると考えております。100年以上受け継いできたDICグループ創業の精神「進取、誠実、勤勉」を基に、印刷インキ事業の「ものづくり」に励んでまいります。また内向的な自己満足、保守的にならず、常にグローバルな外向きの視線で見つめ、更に競争力を持った プロセスイノベーションを起こしていきたいと考えます。それがお客様と長くお付き合いして頂けるメーカーとしての仕事の本質だと確信しております。今後とも宜しくお願い申し上げます。

執行役員 生産本部長 大家 敏昭

大家の My color

DIC-N877(色の由来:空色は青空のように明るい青をいうが、空の色は変化が大きい。したがってかなり巾のある青の明るい色の範囲を総称する名として用いられる。)

卵色 たまごいろ DIC-N792
技術本部長 甲斐敏幸

DICグループの経営理念でもありますように、当社の製品・サービスを通して、お客様と社会の持続可能な発展に貢献することが私たちの使命だと考えます。
それを実行するため、これまでの印刷インキ事業の中で培ってきた経験、多様な分野に応用されているDICグループの要素技術、サンケミカル社との協業などグルーバル展開の中で得られるシナジー、これら当社の強みを活かし、製品力アップとサービスの向上を目指し努力してまいります。また、同時に重要なことは、社会の動向を的確につかむこと、お客様の声に耳を傾けることだと考えます。お客様のご支援ご指導の下、豊かな価値の創造に努めてまいりますので、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

技術本部長 甲斐敏幸

甲斐の My color

DIC-N731 (色の由来:朱という色名が染織に使われたのは昭和の初めであり、英名のバーミリオン(vermilion)にあたる。バーミリオンは人工の朱色顔料の名である。天然の朱は辰砂から採る顔料で、もっと紫みをもった、くすんだ色である。(11月誕生色))

朱色 しゅいろ DIC-N731
About My color

「マイ・カラー」とは
生活の中で愛でている「日本の伝統色」を言います。各人のパーソナリティの一面が垣間見られます。

DICグラフィックス株式会社 DICグラフィックス株式会社