ラミネート用バイオマスインキ

フィナートBM

フィナートBM

バイオマス原料を10%以上使用した、環境負荷が少ない設計

フィナートBM 変遷

設計コンセプト

植物由来のバイオマス原料を使用

フィナートと同等性能(色相、印刷適性、ラミネート強度)

軽包装~レトルトグレードまでの対応可能な性能を兼備

NTNK, Swiss条例対応可能, Nestle Standard対応可能

サステナビィリティ貢献

フィナートBM シリーズ(ノントルエン型汎用裏刷りバイオマス型グラビアインキ)

特徴

  • ノントルエン、ノンMEK型で汎用性の高いラミネート用グラビアインキ
  • スイス条例・ネスレ基準に対応した設計
  • バイオマス原料を10%以上使用した、環境負荷少ない設計(バイオマス認証)
  • スナック用途、詰め替え包材からボイル・レトルト用途まで幅広く使用可能
バイオマス 設計コンセプト
種 別 製品名 SDGs 取組みのポイント
裏刷り フィナート 03.すべての人に健康と福祉を 12.つくる責任、つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を
  • 人の健康に配慮した原料選定(NL規制・Swiss 条例適応)【3.9】
  • 低粘度の高濃インキで、溶剤使用量を削減【12.4】
  • VOC 排出量削減により気候変動に配慮【13.2】
表刷り
バイオマス
フィナートBM 03.すべての人に健康と福祉を 12.つくる責任、つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を
  • 人の健康に配慮した原料選定(NL 規制・Swiss条例適応)【3.9】
  • バイオマス原料を使用し、天然資源を効率的に使用【12.2】
  • VOC 排出量削減により気候変動に配慮【13.2】

フィナートBM 互換性

フィナートBM 互換性

色相同一

色合わせが容易

相溶性確保

残インキ消化、在庫削減に有効

インキ性能維持

ラミ物性、印刷適性 同等レベル

フィナートBM 互換性

バイオマスとは?

バイオマスマークの定義(社)日本有機資源協会にて認証

インキ被膜中に再生可能な生物由来成分を10%以上使用(固形分比)

C14分析法(加速器質量分光計AMS等)でバイオマス度の確認を抜き打ちで実施

マークを貼付する場合、その使用部位及び認証番号の表示が必要

認定製品は、あらゆる物品に広がっている

バイオマス

バイオファーストインキの定義印刷インキ工業連合会にて認証

インキ向け(グラビアインキ限定)

NL規制準拠

トルエン・キシレンを使用しないこと

※トルエンおよびキシレンをインキに添加して印刷に用いないこと

インキ乾燥塗膜中にバイオマスを10重量%以上含むこと

BioFirstINK

この製品に関する問い合わせ先